original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

iFi audio NEO iDSD2 スリー・イン・ワンDAC&アンプ

154,000円

送料についてはこちら

世界初のロスレスBluetooth DAC&ヘッドフォンアンプ。 新開発のaptX Losslessをサポート — CDクオリティのオーディオをロスレスでストリーミングすることができる唯一のBluetoothコーデックで、「しかも」パワフルな5,551mWの出力を誇るので、他の数多くのヘッドフォンアンプの顔色を失わせてしまいます。 <ヘッドファイ、デスクファイ、そしてハイファイ> NEO iDSD2 は、幅広い対応力を持ったスリー・イン・ワンのDAC&ヘッドフォンアンプで、PCオーディオファイルに向けて設計されています。ヘッドファイDAC&ヘッドフォンアンプとしてはご使用のヘッドフォンと苦もなく組み合わせることができ、純粋なDACとしてはご使用のプリメインアンプと一緒に使うことができ、DAC&プリアンプとしてはご使用のアクティブ・スピーカーやパワーアンプと組み合わせることができるのです。 最新のBluetooth 5.4を装備し、新開発のaptX Losslessに対応しているので、オーディオ品質を犠牲にすることなくロスレスでストリーミングすることができる唯一のBluetoothコーデックとなっています。 NEO iDSD2はヘッドフォン出力とライン出力を改善しているので、大きな電力が要求されるヘッドフォンにもパワーアンプにも、十分なパワーを供給します。 <君のBluetoothとは違うんだよ。新開発のロスレスなんだから> NEO iDSD2は最新規格のBluetooth 5.4を搭載。新開発のaptX Losslessコーデックに対応しており、最大で1200kbpsのビットレートを実現することができます。比較すると、aptX Adaptiveは最大で420kbpsのビットレート、LDACはそれよりも高い990kbpsのビットレートです。 しかしながら、aptX Losslessは、音質を低下させる圧縮方法を用いることなくCD品質のオーディオをストリーミングすることのできる、最初かつ唯一のBluetoothコーデックなのです。他のBluetoothコーデックの中には、CD品質や、さらにはハイレゾまでもサポートしていると主張するものがありますが、それらは伝送時にロスの生じる圧縮を行っており、これが音質に悪影響を与えています。 NEO iDSD2はクアルコムが新たに開発したQCC518x Bluetoothオーディオ・チップを使用し、Bluetooth 5.4の資格を有し、aptX Lossless、aptX Adaptive、aptX、LDAC、LHDC/HWA、AAC、SBCといったすべてのBluetoothフォーマットをサポート*しています。 *2023年9月22日現在。ご使用の機器のBluetoothコーデック・サポートをチェックしてください。 <前モデルと比較して5倍の出力> 前モデルはちゃんと聞いていただけましたか? NEO iDSD2のヘッドフォン出力は、第一世代のNEO iDSDのなんと5倍なのです。ヘッドフォン・セクションの基本部分にはDiabloヘッドフォン回路を取り入れているため、最大ヘッドフォン出力5,551mW(@32Ω)と、大きく改善されています。専用のヘッドフォンアンプさえをも凌駕するため、それらに冷や汗をかかせます。 Auto iEMatchも搭載しているので、ダイナミックレンジをまったく失うことなく高感度なIEM(インイヤーモニター)の煩わしいヒスノイズを低減します。-12dBから+16dBまでの4つのゲイン設定が可能なため、超高感度なIEMからパワーを要求するヘッドフォンまで、あらゆる製品の適応することができます。 NEO iDSD2は、パワーがあるだけではなく、みなさまの耳に合わせること機能も兼ね備えています。新たに追加されたアナログ処理モードのXSpaceとXBass II、さらには4つのデジタル・フィルターが、サウンドを細かく調節することを可能にしてくれます。XSpaceとXBass IIはどちらも純粋なアナログ信号処理モードで、サウンドステージと低域のレスポンスを調節してご使用のヘッドフォンに合うように設計されています。 <縦置きでも横置きでも、あなたのそばにいます> NEO iDSD2は、デスクファイシステムとハイファイシステムのレイアウトに応じて、縦置きにも横置きにもすることができます。新開発の2インチのカラー・ディスプレイは、向きに応じて自動的に回転するようになっています。 デスクファイで使う時は、縦置きにしてスペースを節約することができます。 バランス可変ライン出力に設定すれば、本体のパワフルな最大19.5Vのボリューム機能を用いて、下流の音量をコントロールすることができます。 さらに、そのコントロール部はアナログ回路を採用しているので、どんなデジタル・ボリューム・コントロールよりも音質面で優れています。 ハイファイシステムで使う時は、システムに合わせ横置きにすることができます。純粋なDACとして使い、PCMは32ビット/768kHz、DSDはDSD512、さらにはMQAフル・デコーディングに至るまで、あらゆるハイレゾ音楽ファイルを処理し再生することができます。 <GMTフェムト秒精度クロックのアップグレードも可能> 内蔵のGMTフェムト秒精度クロックは、スマート・ストレージ・キャッシュと組み合わせて、高度なジッター除去システムを形成しています。デジタル信号内のジッターを効果的に低減し、クリアーでより精確なサウンドを生み出すのです。 もっと精度の高い外付けクロックを所有していれば、あるいは、外付けクロック入力を備えたCDプレーヤーやネットワーク・ストリーマーを所有していれば、NEO iDSD2と他の機器を、10MHz外部クロック入力端子経由で外付けクロックに接続し、さらに精確なクロック信号を得ることができます。 この価格帯で外部クロック入力を備えていることは非常に稀です。とはいえ、外部クロックがなくても、内蔵GMTフェムト秒精度のクロックは、このクラスでは優れたパフォーマンスを実現することができます。 <新開発の機能だけでなく、回路も強化> NEO iDSD2の強化されたPureWave回路設計は、バランス・デュアル・モノ・トポロジーと短い信号経路によって、並外れたリニアリティと限りなく低レベルのノイズと歪みによって実現される純度の高いサウンドを生み出します。 その結果、SN比=120dB以上、ダイナミック・レンジ(DNR)=-120dB(A)、THD(高調波歪み率)=0.0015%以下を実現し、NEO iDSD2のパフォーマンスをもっと高価なDACのものと対等なものにしています。 <新開発のiFi Nexis Appをご紹介します> NEO iDSD2用の新開発のiFi Nexis Appをご紹介します。アプリ内で「NEO iDSD2」を検索して、機能と設定にアクセスします。OTA(over-the-air)アップグレードは簡単で、ネットワーク経由で自動的にアップデートしてくれます。 このアプリはNEO iDSD2をコントロールする便利な方法で、機能設定をたやすく調節することができます。iFi Nexis appをダウンロードしてNEO iDSD2の潜在能力のすべてを体験してください。 https://ifi-audio.jp/neo/neo_idsd2.html

セール中のアイテム